肌のスキンケアには水分が重要

スキンケアの基本と言われているのが保湿です。しっかり肌を潤すスキンケアをする事によって、様々な美容効果を得られます。皮膚の表面には薄さ0・02mmと極薄い角質がラップのように覆っています。この角質が肌のバリア機能を担っているのです。バリア機能がしっかり働いていれば、紫外線やほこりといった外的刺激から、肌を守る事ができます。刺激を受け難い肌はトラブルを起こしにくいのです。また、バリア機能は外からのダメージを防ぐだけでなく、肌内部にある水分が蒸発しないような役目も担っています。しかし、スキンケアを十分に行わないと肌の水分量は低下してしまいます。潤いを失ってしまった肌は角質のキメが粗い状態です。キメが乱れた角質はバリア機能が低下してしまい、ちょっとした刺激でも肌トラブルを起こしてしまうようになります。いつも使っている化粧品なのに肌荒れしてしまう、自分の髪が触れただけで肌が赤くなる、ニキビが出来やすいという場合、バリア機能が低下している恐れがあるので注意しましょう。肌を潤すと角質のキメが整う為、バリア機能も正常に戻ります。水分を与えるスキンケアは肌の健康をキープする為に欠かせません。また、乾燥した肌だとターンオーバーのサイクルが乱れるとも言われています。肌のターンオーバーとは肌細胞が新しく生まれ変わるサイクルの事で、健康な肌の場合約28日の周期となっています。乾燥によってターンオーバーの周期が乱れると、古い角質が溜まってしまうので毛穴詰まりや、くすみの原因となるのです。このように保湿を重視したスキンケアは、美肌への近道です。毎日しっかり化粧水で水分を与え、透明感のある美肌をキープしましょう。

基本的なスキンケアで肌を若返らせる

加齢とともに肌は、しみやしわができたり、乾燥に悩まされたりします。間違ったスキンケアでは、肌の老化を進めてしまいます。正しい方法を行うと、肌は若返ることが可能です。スキンケアの第一に、紫外線の影響を避けることがあげられます。紫外線により肌の土台をつくっているコラーゲンが壊され、ヒアルロンサンも減少し、しわやたるみの原因になります。また、肌を守ろうとしてメラニン色素が作られ、肌のターンオーバーがうまくいかないと蓄積してしまい、しみができたりくすみの原因になってしまいます。まずは、UV効果のある日焼け止めや化粧品でしっかり紫外線をカットしましょう。曇りの日や室内でも油断はできません。曇りの日でも紫外線量は意外と多く、ガラスは通過します。次に洗顔ですが、これはスキンケアの大事なステップです。ごしごしと皮膚をこすると、メラニン色素ができる原因となります。界面活性剤が強い洗顔料で洗顔すると、皮脂が奪われてしまい乾燥肌になります。あまり界面合戦剤の強くない洗顔料で、泡を立てて優しく洗顔しましょう。酵素洗顔料などがお勧めです。皮膚のターンオーバーも洗顔により促進されます。そして、洗顔後は、すぐに化粧水を塗布します。化粧水は保湿成分としてセラミドの配合されたものを選ぶとよいでしょう。セラミドは皮膚の細胞間脂質で、洗顔などによりセラミドが流れてしまって不足して乾燥肌になっている人もいます。セラミドが不足すると皮膚のバリア機能がはがれ、乾燥肌になりかゆみや湿疹などの症状を示してしまいます。セラミドの配合された化粧水でたっぷりとうるおした後、乾燥を防ぐためにクリームやオイルで蓋をします。スクワランは皮膚の外側の皮脂成分なので、スクワランなどのオイルを塗布するのもお勧めです。

肌スキンケアの間違った方法

美しい肌、そして若々しい肌をキープする為には、毎日のスキンケアが必要不可欠です。コツコツと保湿や有効な美容成分を肌に与え続ける事によって、肌の基礎がグンと上がり美肌となります。ですが間違ったスキンケアをしてしまうと、美肌になるどころかシミやシワ、たるみの原因になったり敏感肌を招く恐れがあるので注意しましょう。しっかり水分を肌に与えたいとして、化粧水はコットンでパッティングしているという方も多いのではないでしょうか。パッティングする事によって、肌に化粧水を染み込ませる量が増えると言われています。ですが、パッティングを強くし過ぎてしまうと、肌トラブルを引き起こしやすくなるのです。肌はちょっとした刺激でも、ダメージを受けてしまいます。叩き込むように何回もコットンでパッティングしてしまうと、刺激からシワやたるみ、そして色素沈着を引き起こす原因となってしまうのです。パッティングをする際は、叩くのではなく肌に化粧水を染み込ませるような感覚で行いましょう。また、敏感肌や乾燥肌という場合、パッティングだと肌への刺激が大きすぎるので、手によるハンドプレスでスキンケアする方がお勧めです。この他にも、パックを長時間するスキンケアも、間違った方法です。シートマスクは肌にピッタリと密着するので、より美容成分を浸透させる事ができます。
より浸透させようとして、長い時間パックしてしまいがちですが、これだと肌が乾燥してしまう原因となってしまいます。長時間パックをしていると、シートマスクに含まれる水分と同時に、肌の水分も蒸発してしまうのです。パックは5分から10分程度でも十分に、美容効果はあるので長い時間、行わないようにしましょう。

ページの先頭へ戻る